メインイメージ

ご相談の多いお悩み

シミ

美しい肌は健康な体に宿ります。そして『美』は色彩や形そのバランスです。どうして『美しさ』に目を奪われるのでしょう。美と健康は次の世代を築くためのパートナーを選ぶ必要な判断基準の一つであるからです。

シミは、お肌の中のメラニン色素が増加した状態ですが、メラニン色素がお肌のどの深さにあるかによって、治療方法が異なります。メラニン色素がお肌のどの部位にあるかを診断した上で、治療方針を提案いたします。

治療計画は薬用基礎化粧品等、サプリメント、レーザー治療、フォトフェイシャルケミカルピーリングなどの適切な治療を選択して行います。治療効果を向上させるためにアフタースキンケアを行い、維持予防のための、エレクトロポレーションイオントフォレーシスケミカルピーリング等のスキンケアを提案します。

肝斑の治療として、『レーザートーニング』は非常に注目されています。

肝斑は30~40代の女性に多く見られるシミの一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。原因はまだはっきりはしていませんが、女性ホルモンのバランスが関係しているといわれています。

レーザートーニングは炎症が起こさない程度の弱いパワーでレーザーを照射して肌の深い層にあるメラニン色素を少しづつ壊していくことで、安全で確実に肝斑を治療します。レーザー照射時、軽度の痛みはありますが、麻酔は必要ありません。照射直後ほてり感はありますが、すぐに化粧をすることもできます。治療感覚は週に1回、5回継続します。3~4回より色素の減少が診られます。

レーザートーニングは炎症が起こさない程度の弱いパワーでレーザーを照射して肌の深い層にあるメラニン色素を少しづつ壊していくことで、安全に肝斑を治療します。

エレクトロポレーションは皮膚表面に高い電圧を瞬間的に与えることで細胞機能に障害を起こすことなく、細胞膜や細胞間脂質に小さな孔を開けて高分子成分を導入する画期的な方法です。従来行われているイオン導入法では薬液の10%程度しか導入できないのに比べ注射による投与に匹敵する薬剤の導入が可能で、痛みや出血も全くありません。施術時間は頬、瞼で20~30分、週に1回程度です。

  • 浅いシミと深いシミが混在するとき→『MAX PEEL
  • 最近のワンランク上の美白・しわ治療の複合治療『トリプルトリートメント
  • レーザートーニング、皮膚再生治療(セルリバイブ・ジータ)と
    点滴療法、トラネキサム酸ビタミン導入

ワンランク上の『しみ・しわ・たるみ・くすみ』などの治療は『セルリバイブ・ジータ』などの皮膚再生若返り治療やフォトフェイシャル『フォトRFオーロラやフォトRFリファーム』などのIPL(光エネルギー)・赤外線レーザーやRF(高周波)によって、メラニン色素を消去したり、線維芽細胞を刺激して、コラーゲン線維の生産を促し、『しみ・しわ』を改善させるダブルトリートメントと『美白点滴治療』を同時にまた、複合的(施術・点滴時間30~40分)に行って、個々のお肌のトラブル、悩み、ニーズにお応えします。

美白点滴治療』は、ビタミンC/ビタミンB群/ミネラル/プラセンタ(人胎盤エキス)を症状にあわせて、点滴することで、血管を経由して直接細胞にビタミン等を送ることで、ストレスを抱えた肌のトラブルの解消が実感できる治療方法です。

セルリバイブ・ジータ』などの皮膚再生若返り治療は単独でも効果はありますし、フォトフェイシャル美白点滴治療の複合治療を2~3週間毎に繰り返すことで自己の皮膚のコラーゲンが再構築され、長期間のお肌のタイトニン効果が期待できます。

また、『最近注目されている美白治療』は今まで薄くすることが難しかった『肝斑』も『レーザートーニングとレーザートーニング』を使用ながらプラセンタやトラネキサム酸含有するビタミン導入を行う治療で有効です。痛みが少なく、安全、かつ、お化粧がすぐできます。

今では、しみしわの治療は治療法を専門医の説明の上で、御本人によって選択することができます。

  • 長年のゴルフやテニスなど屋外のスポーツや仕事、車の運転で片側の顔や手の甲にシミやくすみが目立ち急に気になってきた方
  • 眼の下のシワ、ほうれい線、鼻の周囲の毛穴やニキビ跡が気になっていて、自分でいろいろスキンケアをしたがあきらめてしまっている方
  • 毎日の仕事が忙しくまとまった時間が取れない方

専門医に相談してみて下さい。

ページトップへ戻る