メインイメージ

どのような治療法がありますか?

お肌のトラブル『ニキビ・毛穴』 レーザーピーリング・ケミカルピーリング編

アンチエイジング
清潔な肌になるためのニキビ治療

レーザーピーリングケミカルピーリングは 健康で清潔な肌にするための『ニキビ・毛穴+美肌・美白治療』です。

レーザーピーリング(MAX PEEL)は皮膚表面にカーボンを塗った状態で、波長の異なるヤグレーザーを2回照射することで、表面とより深い毛穴周囲のピーリングを可能にした表皮真皮の細胞の活性化、肌の柔軟性、毛穴の改善などの『ニキビ・毛穴+美肌治療』と表皮の浅い層、深い層の表皮シミを薄する『美白治療』を同時に行います。

ケミカルピーリングは20~30%のグリコール酸(AHA)を皮膚表面に塗ることによる角質のピーリングをすることで、表皮基底細胞の分裂が盛んになり、お肌のターンオーバーが改善され、肌の柔軟性が増すと同時に古い角質が迅速に脱落し、美肌・美白治療になります。

なかなか治らないトラブル肌『ニキビ・毛穴』を治療する場合、お肌の栄養状態を血液検査してからトラブル肌の治療を行います。たとえば、栄養状態の悪い砂漠のようなお肌に種(クスリ)を撒いても育たないように、お肌を少しでもオアシス化(ビタミン、ミネラル、栄養素を投与すること)したうえで、種(クスリ)を撒けば育ちます。お肌の栄養環境を改善から本格的治療を行うことがなかなか治らないニキビの治療には必要です。

お肌の栄養環境の改善方法

ビタミンB群、ビタミンC、などの基本的ビタミン投与(サプリメント、点滴)と食事指導ビタミンA、ビタミンC、などのアンチエイジングビタミンをお肌から投与(ドクターズコスメエンビロン化粧品)

ページトップへ戻る