メインイメージ

どのような治療法がありますか?

お肌のアンチエイジング『乾燥』 メディカルエステ・高周波ビタミン導入編

ソノフォレーシス(ソノフォイオントリートメント)

ビタミンAやCを超音波導入とイオン導入を用いて、効果的に皮膚の深部へ浸透させます。2つの導入を同時に施術することが可能です。

超音波の物理的な振動を与えることで、皮膚にキャビテーション(空洞化現象)を起こし、分子を皮膚の深部にまで浸透させることができます。

マイナス極からの電流を断続的に流すことで、プラスイオンは皮膚の表面に引き寄せられ、マイナスイオンは反発して皮膚の深部に送り込まれます。また、皮膚に電気的な刺激を与えることで、イオン化しにくい分子の浸透も促進されます。

ビタミンAの
働き
○皮膚細胞を活性化
○ダメージを受けた皮膚細胞の機能を正常化
 ・細胞の成長を正しくコントロール
 ・皮膚の免疫機能を向上
ビタミンCの
働き
○皮膚細胞を活性化
○色素形成を抑制
 ・メラニンの生成を抑制
 ・メラニン色素の淡色化
ページトップへ戻る

イオントフォレーシス(クールビタミントリートメント)

クーリングパックを使い、イオントフォレーシスを行うことで、肌を沈静しながら同時にビタミンを顔全体に浸透させることができます。

アルギン酸塩を主成分としたパックを用いて、ピーリング後の皮膚のほてり感を沈静し、水分の蒸散を防いで保湿を促進させます。また、ピーリングによって酸性に傾いた皮膚のpH値の回復をサポートします。

マイナス極からの電流を断続的に流すことで、プラスイオンは皮膚の表面に引き寄せられ、マイナスイオンは反発して皮膚の深部に送り込まれます。また、皮膚に電気的な刺激を与えることで、イオン化しにくい分子の浸透も促進されます。

ビタミンAの
働き
○皮膚細胞を活性化
○ダメージを受けた皮膚細胞の機能を正常化
 ・細胞の成長を正しくコントロール
 ・皮膚の免疫機能を向上
ビタミンCの
働き
○皮膚細胞を活性化
○色素形成を抑制
 ・メラニンの生成を抑制
 ・メラニン色素の淡色化
ページトップへ戻る

乳酸ピーリングイオン導入(ラックトリートメント)

AHAの働きにより、角質細胞間の結合をゆるめ、角質のごく表層にマイルドなピーリング効果を与えます。イオン導入を行うことで、皮膚のバリア機能にダメージを与えず、皮膚細胞の活性化を促進させることができます。

プラス極からの電流を断続的に流すことで、マイナスイオンは皮膚の表面に引き寄せられ、プラスイオンは反発して皮膚の深部に送り込まれます。

ページトップへ戻る